ホーム > リニアモーターカーについて > 山梨実験線について

イベントカレンダー

2017年3月

     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

※リニア走行試験の運転予定は、通常毎週金曜日夕方に翌週土曜日までの予定が発表となります。

走行試験日=赤 休館日=グレー

イベントスケジュールはこちら

  • 山梨県立リニア見学センター facebook
  • 山梨県立リニア見学センター Twitter
  • イベント情報
  • 周辺の観光情報
  • キッズ広場
  • 旅行代理店様 学校関係者様へ
  • リニアファンクラブ会員募集中

山梨実験線について

実験線の配置1962年(昭和37年)から始まった国鉄(現JR)によるリニアモーターカーの開発は、10年後の1972年(昭和47年)に、200mの実験線で実験車がはじめて浮上走行に成功しました。
1977年(昭和52年)には、宮崎県に本格的な実験線が開設され、ここでの実験により、1979年(昭和54年)、無人走行の最高速度517km/hの記録がつくられました。
21世紀の"翔ぶ鉄道"として脚光をあびるリニアモーターカーは、1997年(平成9年)から技術開発の場を山梨県都留市へ移し、超電導磁気浮上式リニアモーターカーの車両開発はもちろん、電力供給装置や列車のコントロール装置、完全管理システム等の開発を、日本特有の起伏に富んだ地形、環境の中で確認しています。山梨リニア実験線での成果として、2003年(平成15年)には、有人走行による世界記録581km/hを記録し、2005年(平成17年)3月には、国土交通省の超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会から「技術開発は大きく前進し、超電導磁気浮上式鉄道について実用化の基盤技術が確立したと判断できる」と評価されました。さらに総合的な完成度を高めるための走行試験が継続して進められています。

山梨実験線と宮崎実験線の比較

比較項目 山梨実験線 宮崎実験線
総延長 42.8km 7.0km
トンネル区間 約35.1km  0km 
明かり区間 約7.7km 7.0km
単線・複線 複線  単線 
最急勾配 40‰  5‰ 
最小曲線半径 8000m 10000m

山梨リニア実験線区間図

現在行われている実験は、起点:山梨県笛吹市境川町から、終点:山梨県上野原市秋山までの全長42.8kmで行われています。
山梨実験線縦断図

(参考)実験線ルート概要図
実験線ルート

山梨リニア実験線の今後

2013年(平成25年)8月、山梨リニア実験線の延伸工事が終了し、走行試験が再開しました。
今後は、長大編成車両によるトップスピードでの長距離走行や長大トンネルの走り抜けなどの技術的テーマに対応するとともに、保守体系の確立など、超電導リニアの実用化に向けた確認試験を行うこととしております。

▲ページトップに戻る